FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンド・ラブ 第4話

急速に、そしてもはや誰も引き離せないほど強く惹かれ合い、一緒に暮らし始めた慶(亀梨和也)と結唯(深田恭子)。ところが慶のもとには、結唯に依存する母・真理子(麻生祐未)がいきなり押しかけ、ヒステリックに「娘を返して」と食ってかかる。一方、結唯は同僚教師・高柳(生瀬勝久)との不倫関係が生徒たちの間で噂になり、職員室でも問題視される事態に…。愛し合う2人の前に立ちはだかる、さまざまな障壁…。だが、慶と結唯の心が揺らぐことはなかった。
 そんな中、慶はドイツのダンスカンパニーの芸術監督フォルトナーから依頼された、日本公演時の通訳の仕事を始めることに。だが、上演されるのはカンパニー在籍時に慶が主役を務めた演目。しかも、かつての慶のポジションは今や、同じ日本人のダンサー・一之瀬(大貫勇輔)に取って代わられているという、複雑な状況だ。それでも通訳の仕事も新しい何かのきっかけになると信じ、舞台稽古の場へと向かう慶。ところが、一之瀬のダンスを見た彼は自らの“夢の終焉”を悟ってしまう…。
 その矢先、慶の人生をガラリと変える出来事が発生! 状況が刻一刻と変化する中、慶と結唯、彼らを取り囲む人々の運命は思わぬ方向へと転び始める──。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。